話題の「ファイバープレックス」で髪を労りながらケアカラー【大阪美容室】

ケアカラー特集のアイキャッチ

ダメージが気になるけどヘアカラーを楽しみたい、そんな方には「ケアカラー」

オシャレの定番ともいえるヘアカラー。
最近では「インナーカラー」「ハイライト」など、
部分的にハイトーンカラーに染めるデザインカラーも大人気!
やったことはなくても、興味のある方は多いのでは?

しかし、ヘアカラーを楽しむにあたって悩んでしまうのがダメージ。
特にハイトーンカラーだとダメージ面を考えて気後れしてしまう方もいらっしゃるかと思われます。

「せっかく綺麗な色に染めても、髪が痛んでしまってはもったいない……」

そんな心配にもアプローチした、
髪を労りながら理想の色を叶える
“ケアカラー”について、
今回はご紹介していきます!

atticのケアカラーは人気の「ファイバープレックス」を使用!

髪の毛へのダメージを抑えつつ
カラーを楽しめるケアカラー。
もちろんダメージをゼロにすることは不可能ですが、
色もちや艶感、手触りなどは格段によくなります。

当店では人気ブランドの
「ファイバープレックス」を使用。
そもそもケアカラーとは?というところから
ファイバープレックスならではの魅力まで、
紹介してきたいと思います。

ケアカラーの種類

ひとえにケアカラーといっても、
その意味は美容室によって異なることも多いです。

1.カラー剤、ブリーチ剤にプレックス剤を併用
2.「イルミナカラー」などのダメージレスカラーを使用
3.カラーメニューにトリートメントメニューを追加

atticでは プレックス剤「ファイバープレックス」を用いた
1番目の施術をケアカラーとして提供しております。

ファイバープレックスとは?

パサつく、ツヤがない、切れる、ごわつく
――そんなダメージによる髪の悩みを補修で解決するのではなく、
ダメージを受けにくい髪へと導くことでサポートする
革新的毛髪強化システム「ファイバープレックス」。

カラー・ブリーチの際に気になってしまう枝毛、切れ毛を98.6%削減*。
「ブリーチだからダメージは仕方ない」と妥協したくない方に
ぜひ実感していただきたいほどの効果を発揮します!

使用する薬剤は前処理剤「No.1 ボンド ブースター」と
後処理剤「No.2 ボンド フィクサー」の2種類。
カラー・ブリーチの前と後で、ダメージから守り毛髪を強化します!

*ヘンケル本社研究所にて、ブリーチ剤+ファイバープレックス No.1 ボンド ブースター、No.2 ボンド フィクサーとブリーチ剤で比較した際の研究データ(最大値)

ファイバープレックスの特徴・メリット

ファイバープレックスは毛髪外部の補修や強化に頼らず、
「毛髪にどれだけ多くのボンディングを定着させられるか」
という点に着目され、開発されました。

今までのブリーチで難しいとされていた
下記のようなことも可能にし
これまで制約を受けていたデザインの幅を一気に広げます!

1.ブリーチ後も高レベルのヘアクオリティを保持
2.状態の悪い髪での色の再現性アップ
3.これまで通りのブリーチ/カラー施術でOK
4.カラーの色ブレ低減
5.続けるごとに次のカラーへの素地ができる

さらに、使用することによって
しなやかさ・柔らかさや
毛髪強化力がアップしていきます!

大阪心斎橋のatticのケアカラー

ファイバープレックスはどのように作用する?

ファイバープレックスで注目すべき成分は「ジカルボン酸」。
コハク酸・ムチン酸・酒石酸の
3種のジカルボン酸を配合されており
ボンディング・テクノロジーによって髪の内部に作用していきます。

前処理では3種のジカルボン酸が毛髪に浸透し
コルテックス細胞内のフィブリルに定着することにより
カラーやブリーチのダメージから髪を守ります。

後処理ではダメージを受けた髪内部の隙間に
ボンディング成分が入り込み、髪の内部を強化します。

さらに、ドライヤーなどの熱を与えると、
髪を保護しながらダメージを修復する
「ヒートアクティブプロテイン」も配合。
一般的にはダメージの元となる熱の力も髪質アップにつなげてしまいます!

ファイバープレックスのデメリットは?

ダメージを抑えハイクオリティなカラー・ブリーチを実現する
ファイバープレックスですが、
もちろんデメリットはございます。

1.色抜けが少し劣る
ケア成分を含むため色の抜け方が劣ります。
ブリーチの場合、通常よりも1~2回ほど多くブリーチが必要になります。
しかし、そもそものダメージが通常のブリーチよりはるかに少ない為
通常のブリーチ1回よりもケアブリーチの方がダメージレスで綺麗な色抜けを実現できます!

2.値段が高くなる
普通のカラー剤・ブリーチ剤に施術やケア成分をプラスするため
その分のお値段が高くなります。
しかしダメージが進行すれば、高価なトリートメント等なしに
綺麗な髪の毛を保つことが難しくなります。
トータルではコストパフォーマンスは決して悪くないと考えられます!

3.取り扱う店舗が少ない
ファイバープレックスは人気のプレックス剤ではございますが、
まだまだ取扱店舗は多くありません。

このようにデメリットがあるのが事実ではございますが、
それでも髪に嬉しいメリットが盛りだくさん。
ぜひ一度お試しください!

ケアブリーチとの併用で理想の髪質と髪色を

ファイバープレックスはカラー剤との併用が可能なので、
ブリーチなしでももちろんご利用いただけます。

とはいえせっかくダメージレスで楽しめるのなら、思い思いの色を楽しみたいところ。
「ブリーチは興味あるけど、ダメージが怖い……」
という方には、この機会にケアブリーチとの併用はいかがでしょうか。

全頭ブリーチカラーや派手なデザインカラーは難しいという方でも
イヤリングカラーなどのささやかなデザインカラーなら抵抗なく楽しめるかも!
暗色ベース×部分ブリーチ、地毛の黒髪ベース×部分ブリーチなどもおすすめです◎
もちろんグレイカラーもOK!
ハイライトやバレイヤージュなどは白髪染めとの相性も抜群です!

この投稿をInstagramで見る

attic(アティック)(@attichorie)がシェアした投稿

ファイバープレックス使用のケアカラーならatticにお任せください!

大阪・心斎橋にあるattic hair design & relaxation は、
ケアブリーチや髪質改善トリートメントなどと併用した
ケアカラーでのカラーリングが得意な美容室。
実力のあるスタイリストによるケアカラーで、
綺麗な髪質と髪色の両方を実現!

ファイバープレックスの他にも、美髪を叶える薬剤も豊富◎

ご相談やお問い合わせはお気軽にどうぞ!
お客様のご利用をお待ちしております!